化学物質を扱うなら「ハロゲン分析」が必須となります!

ハロゲン分析は正しい手順を守る事が重要!

有害な物質を把握しましょう

化学物質などを取り扱っているならば、いかなる企業であってもその取扱いには注意したいものです。そのためには人体や環境に悪影響を与えてしまう物質について把握しておく事が基本となります。

人や環境にとって有害とみなされるモノ

ハロゲンに注意

ハロゲンとは「ハロゲン族」と呼ばれる元素の総称となっています。その中に含まれる元素として挙げられるのが「フッ素」「塩素」「臭素」「ヨウ素」となります。これらの物質は非常に安定性が高い事も特徴となっており、加熱してもその構造が崩れないものとなっています。そのため廃棄を行う際には、高い温度での処理を行っていく必要があるとされているのです。企業はハロゲン分析を行いつつも、その処理方法に充分注意する必要があるでしょう。

ダイオキシン

耳にする事も多く、認知度も非常に高いのが「ダイオキシン」では無いでしょうか。こちらも有害な物質と認識されているもので、1980年代にそのリスクが注目された事で知られています。ダイオキシンはハロゲンの誤った処理方法で発生してしまう事でも知られているでしょう。特定の物質を燃やすことによってダイオキシンが発生してしまう事があります。そのため物質を燃やすような時には注意が必要なのです。

ナフタレン

PAHsの一種であるとされているのがナフタレンであり、こちらも取り締まりが強化されている有害物質として挙げられるものです。ナフタレンは商品として、防虫スプレーなどに含まれているような事もあったと言います。芳香族炭化水素の中に混在している事もあるとされますから、調査を行う必要があると言えるでしょう。

炭化水素であるPAHs

PAHsとは炭素が入っているような物を燃やす事によって発生する可能性のある物質となっています。例えば木片や煙草など身近な物を燃焼する事でPAHsが作られてしまうようなリスクがあると言えるのです。PAHsは発がん性物質となっていますから、非常に有害なものとして認識しておく必要があるでしょう。またPAHsは分解されにくいという特徴ともっています。したがってその処理方法を検討する必要があるのです。

ホルマリン

ホルマリンはホルムアルデヒドとも呼ばれる物質となっており、住宅や建物でこの数値が高く検出された際には、人体に悪影響を与えてしまう事が予想されます。特にシックハウス症候群といったリスクがあるため、建物で扱われるような素材では、ホルマリンが規定を下回るような心がけが必須です。

化学物質を扱うなら「ハロゲン分析」が必須となります!

女性

分析の概要

ハロゲン分析を行う際には、まずは前準備を行う必要があるでしょう。テストを行う物質を燃やし、ハロゲンが含まれる気体を液体に吸収させておくのです。その液体の測定を行っていくのです。テストを行う物質は様々な方法で燃焼させる事が出来るでしょう。

準備の方法

テストを行っていく際には、まずは対象となる物質を用意する必要があるものです。ハロゲン分析を行うためには、この物質を細かく砕いて、調査がしやすい形として加工を行う必要があるでしょう。

燃焼の詳しい方法

準備した物質はテストを行う量を図っておく必要があるでしょう。加熱する際には専用のユニットを利用する事となります。そのためには物質を石英で出来た燃焼管の内部で加熱していく必要があるのです。燃焼する際に発生した気体を溶液に取り込む事ができましたら、イオンクロマトグラフを利用して測定を行っていきます。

安全対策を行う企業におススメの記事

作業員

土壌汚染調査の流れを知るとスムーズです!

業者に土壌汚染調査を依頼するのであれば、その流れを知っておくとスムーズですよ。調査は確実に行ってもらう事が重要となりますから、ここで詳細情報を確認しておきましょう!

READ MORE
女性

化学物質を扱うなら「ハロゲン分析」が必須となります!

環境や人への影響を考慮するためにも、化学物質は正しく扱っていく事が求められます。そのために知っておきたいのが「ハロゲン分析」です。ここではハロゲン分析の手順や有害となる物質について紹介していきます。

READ MORE
広告募集中